社員を解雇したりする時

失業保険の給付期間には期限があるからです。雇用保険を当てにしていてはいけません。会社がリストラなどで社員を解雇したりする時には、雇用保険からの給付額が大きくなるようになっています。失業すると雇用保険被保険者証をもらいます。会社の倒産が多くなって失業者が増えてくると、さらに状況は深刻になるでしょう。 これで失業保険の給付を受けることができるのです。会社の存続と自分の仕事があるということが一番なのですが、現代のように社会全体が不況の状況ではかなり厳しいと言えるでしょう。もちろん、企業の業績によって解雇やむなしと言う場合はあるでしょう。自分の技能を向上させて自己啓発をしておきましょう。雇用保険は労働者保護のための制度と考えてよいでしょう。