見分けられる方法

初心者の中には、木が生きているのか枯れているのか、判断できない人もいると思います。茶色っぽくなっていても、触ってみるとみずみずしさが残っているものは、紅葉して自然と落ちていく葉なので心配いりません。ただ、盆栽初心者にとって、秋や冬を初めて迎える落葉樹を育てていると、突然葉が茶色くなってきて、そのうちに落ちてしまうと、「木が枯れてしまったのかな?」「病気になってしまったのかな?」と心配になるかもしれません。 枝だけの状態でも大事に育ててあげてください。そこで、簡単に見分けられる方法を紹介します。このように、ある時期になると葉が落ちる樹木は「落葉樹」と呼ばれています。