産後の骨盤矯正

女性は、妊娠すると「リラキシン」というホルモンの分泌により、妊娠が進むにつれ骨盤は大きく開いていき、出産時には最大限にまで開きます。妊娠出産によって広がった骨盤は、出産後2ヶ月ほどの間には、妊娠前の状態まで戻さなくてはいけないといわれています。それが、イライラや不安、不眠などの育児ノイローゼの原因になる場合もあります。

お腹が日増しに大きくなることは見た目にも明らかですが、そのお腹を支えている骨盤も大きく開いていっているということを意識する人は少ないのではないかと思います。しかしほとんどの場合、出産直後は、運動不足などの理由で骨盤の周辺の筋肉量は低下しています。また、骨盤の歪みは自律神経の正常な働きを妨げることになり、ホルモンの正常な分泌も阻害されます。

同じように、出産後、身体の回復を図ることが大切なことは誰もが知っていますが、骨盤の矯正が大切なことを知っている方は少ないと思います。産後の骨盤ダイエットは、骨盤周辺の筋肉をつける役割も果たします。もちろん、妊娠中に変化した体型を戻すことにも有効ですが、単なるダイエットとしてだけでなく、出産後のお母さんの心身の安定にも効果があります。

骨盤が広がったままの状態が長く続くと、広がった骨盤内に内臓が落ち込んだり、筋肉の減った骨盤周りに皮下脂肪が付きやすくなったりします。骨盤の状態を元に戻すためには、これらの筋肉を、なるべく早い時期に戻していく必要があります。