コエンザイムQ10と歯周病の関係

先ほどからコエンザイムQ10の効果は心臓機能を強くするとか、美肌効果などを挙げてきましたよね。歯の治療などを怠っていると体のほかの部分にまで影響をきたすことがあります。高齢者の方がほとんど歯周病にかかっているというのはやはり年齢的にコエンザイムQ10がおおいに不足しているからなのでしょう。でも実は歯茎にも関係があるようなのです。

コエンザイムQ10をうまく使いながら歯も健康にしましょうね。自覚症状が最初はないのでなかなか気がつきにくいとは思いますが、手遅れにならないうちに歯の検診にいって歯周病になっていないか確認したほうが良いでしょう。歯は一生のお付き合いをする大切な体の一部です。

コエンザイムQ10と歯茎が関係しているというのはご存知でしょうか。というのは、みなさんは歯周病という言葉を聞いたことがあると思いますが、歯周病というのは初期はあまり自覚症状がありません。よって放っておくとどんどん進行してしまい、歯茎がはれたり血が出てしまったりするのですが、歯周病にかかっている人は非常に多く、高齢者はほとんどの人が歯周病にかかっていると言われているそうです。

逆をとってみると、コエンザイムQ10をきちんと摂取すれば歯周病は改善されるのかもしれませんね。若い年代でも60パーセントの人が歯周病にかかっているとの報告もあるようです。それほど身近な病気ではあるのですが、歯周病はコエンザイムQ10が不足してしまったことによりかかってしまうという研究があるようです。