悪い菌のほうが優勢になってしまうと

ついつい力が入りすぎたりしませんか。良い菌のほうが優勢になっているのが本来の形ですから、そのためには皮膚を洗いすぎないことがとても重要です。お湯だけで洗い流すか、どうしてもそれが嫌な場合は、泡立てた石鹸を優しく肌の上に乗せる程度にして、しばらく様子をみてください。人間の皮膚は弱酸性の状態がもっとも良い状態で、体臭もほとんど無臭状態ですから、この脂肪酸を生産してくれる菌は大切にしなくてはなりません。

まして、洗う時に使用するタオルに化学繊維のものを使用していませんか。体臭が気になるかたは、朝と晩の二回、もしくはそれ以上、入浴したりシャワーを浴びたりしていることも考えられます。この良い菌というのは、健康な皮膚が好きで、皮脂や汗を餌として弱酸性の脂肪酸を生産してくれるのです。そういったもので、毎日ゴシゴシと擦っていたのでは、皮膚の表面を傷めてしまいます。

脂肪酸なら何でも良いというわけではないのですが、善いほうの脂肪酸を生産してくれるのですから、洗い流すのはもったいないことなのです。他人に指摘されるくらい強い体臭のかたは、身体を洗う時にも一生懸命に洗っていることでしょうね。この菌が皮膚に充分に常在しているということが、体臭の予防になるといっても過言ではないくらいです。

悪い菌のほうが優勢になってしまうと、嫌な体臭が発生するのです。体臭が軽くなってきたようなら、これをそのまま続けますと、良い予防になるでしょう。そのたびに石鹸で身体を洗っていては、皮膚が傷んでしまうのはもちろんのこと、皮膚の上に常在している良い菌が洗い流されていなくなってしまうことになりますね。