国際運転免許証

国際運転免許証を取得する為には結構簡単に取得出来る様です。海外赴任先で車を運転する為には国際運転免許証を取得しなければなりませんが、ご家族で日本国内で運転免許証を持っている場合には家族の方の分も国際運転免許証を取得しておく必要が有ります。1年未満の海外赴任なら問題は有りませんが、1年以上の滞在でビザの取得をしているのであれば少し状況は変わってきます。その為に国際運転免許証を取得しておいた方が何かと便利だと思います。 有効期限は短くなって数ヶ月になり、それ以上と言う事になると海外で新たに免許証を取得する必要が出てきますので注意して下さい。取得は簡単で手続きが30分程、発行に1時間ほどかかると思いますので大体1.5時間ほどと考えてもらって良いでしょう。この国際運転免許証はどの国でもOKと言う物ではありません。 場所にもよると思いますが、アメリカの有る土地の場合、道が広すぎたりそれに対する横断歩道が殆ど無いと言う場所で生活をしていると、アパートが家から見えていたとしても歩いて行く事が出来なくて車でいくしか無くなってしまいます。どこの土地に海外赴任をするかによって違ってきますが、車社会の国に行く場合は車が無いと生活が出来ないと言う位、車を乗らなければなりません。現在お住まいの日本の各都道府県警察署で運転免許課が有る警察署、運転免許センター、運転免許試験場等で取得する事ができるそうです。 ジュネーブ条約に加盟している国でのみ有効だと言う事を覚えておきましょう。アメリカでも大都会に住むと言うのであれば話は別ですが、郊外に住むとなったらこれは覚悟の上と思って下さい。また国際運転免許証には有効期間が有って1年間と比較的短いです。


現地の会話

ペラペラで無くても現地の会話はあいさつ程度位は身に着けてから行った方が良いです。現地に行って誰と出会うか分かりませんが、せっかくですから日本ならではのお土産を用意しておくと良いと思います。また海外赴任先では外人登録の際、免許証取得の際、身分証明書取得の際に必要になりますので、結構多めに用意していくと良いでしょう。日本にいる時にはパスポートの申請、ビザの申請に必要になります。 現在は海外でも使える携帯電話と言うのが有りますので、それを使っていても良いと思います。最初のコミュニケーションが取りやすいかもしれませんよ。また国際キャッシュカードを取得しておく事で日本の銀行口座から現地の通貨で現金引き出しが可能になります。日本で用意して海外赴任先に持っていく物として準備しておいた方が良いのではないかと言う物を挙げてみたいと思います。 あいさつ、数字、買い物等の生活必要言語等を覚えておくと良いですよ。ペットを連れていく際ですが、手荷物または預ける方法、貨物として運送すると言う3つの方法が有ります。またどうしても分からない時用に電子辞書を持っていくと本当に便利だと思います。 海外赴任先の通貨も事前にいくらか用意しておく必要が有ります。但し滞在が長期に渡る場合には現地で加入した方が良いかもしれません。どの方法を使っても可能ですが、日本を出る際には輸出検疫、通関が必要になりますので、詳しい事は農林水産省の動物検疫所に問い合わせて聞いてみると良いでしょう。


在庫の確認

事前に在庫の確認をし、配送料等も聞いたうえで買いに行く様にすると良いですよ。逆に海外赴任先で買った方が安いという事も有りますので、是非見つけてみて下さい。アメリカの大型展示場タイプの量販店等ではお店に在庫が無くて直ぐに品物が手に入らないと言う場合も有るそうですので、一言で量販店が良いと言う事にもなりません。 やっぱり自分達の目で見て回って自分達の予算に合った家具を手に入れる様にする事が大切だし、その方が愛着が沸いて大事に使うと思います。お金がたくさん有ると言う場合には良いですが、一般的な家庭の場合家具や家電を総取り替えするだけでもかなりの金額がかかります。家電や家具が安いお店と言うのは現地の方に聞くと教えてくれると思いますが、自分の足でも実際に回って色々と見てみると良いでしょう。 変圧器が有ったとしても結構高いそうですので、全ての家電に買いそろえるのは無駄かもしれません。しかし実際にいくら位かかるのか分からないですよね。家電も変圧器やコンセントの形などが日本と違う場合が有りますので、日本の家電が全て海外赴任先で使えるとは限りません。 海外生活を始めるにあたって家具や家電を現地で買い揃えたいと思っている人が多い様に思えます。また家具や家電を買う為にトラックを借りてから行くと言う人もいるかもしれませんが、お店に在庫が無い場合は無駄になってしまう可能性も有りますし、洗濯機の様な設置が必要な物に関しては業者の方に頼んで持ってきてもらう事になりますのでトラックなども不要になります。